自治体ポータルサービス「クラシラセル®」
住民の「情報格差」を解消するDXソリューション

“私”のための自治体ポータルサービスで自治体情報DXを実現
住民の生活DXを通じて地域全体をアップデート

行政だけでなく住民の生活までサポートすることで、自治体DXとウェルビーイングを促進します。

自治体ポータルサービス「クラシラセル®」
住民の「情報格差」を解消するDXソリューション

“私”のための自治体ポータルサービスで自治体情報DXを実現
住民の生活DXを通じて地域全体をアップデート

行政だけでなく住民の生活までサポートすることで、自治体DXとウェルビーイングを促進します。

自治体サービスにまつわるよくある課題

自治体ホームページだけでは住民に知ってほしい情報がなかなか伝わらない

海外出身の住民が増えたが、多言語対応が進んでいない

自治体に寄せられるお問い合わせが多く、対応しきれない

自治体アプリを導入しているが、思うように利用率が上がらない

住民の声をデジタルで吸い上げられる環境を整えたい

自治体サービスがなかなか認知されない

自治体ポータルサービス「クラシラセル®」とは

クラシラセル®は、自治体アプリを起点とした生活DXによって地域をアップデートするASP型ポータルサービスです。
住民の属性や関心ごとに合わせて情報をプッシュ通知でお届けし(自動翻訳による多言語対応も可能)、
さまざまな自治体サービスの共通窓口として住民にサービス利用を促します。
また、データ連携基盤との連携も進めているため、全国のスマートシティ推進をサポートします。

※各有料オプションはTOPPANが持つ以下のサービスと連携することにより提供可能となります。

「住民向けポータル」としてスマートシティの推進をサポートします

TOPPANではスマートシティを下図のように体系化して整理しています。
クラシラセル®は自治体情報をお届けするだけでなく、住民と各種サービスをつなぐ住民向けポータルの役割を担います。

ユースケース

クラシラセル®のユースケースをご紹介します。

ケースA
住民との共通デジタルタッチポイントに
現在住民に提供している各サービスをクラシラセル®でつなぎ、共通の入り口とすることで住民の生活利便性を向上。例えばMaaSや決済サービスと連携することにより、住民はイベントのお知らせ受け取りからイベント会場までの移動、会場内での決済に至るまですべてをクラシラセル®一つで完結することができます。
ケースB
防災アプリの一面も
クラシラセル®ではお知らせ発信の機能に加え、マップでの情報表示が可能です。そのため、住民は事前に近くの避難所を確認し災害に備えることができます。災害時にはお知らせ発信の機能により、居住エリアに基づいて避難情報を配信することができ、適切な避難誘導を実現します。
ケースC
住民の生活に寄り添うスマートシティを推進
スマートシティの取り組みが進むと、デジタルサービスが乱立してしまい、住民にとってはサービスの利用がかえって複雑になってしまうことがあります。 サービスの窓口を一つにまとめられるクラシラセル®なら、サービスを住民がより利用しやすくする情報ツールとして、スマートシティ推進に寄与します。

自治体ポータルサービス「クラシラセル®」の特徴

1
住民ごとにパーソナライズされるアプリ 住民が設定した属性情報や関心ごとに応じて、必要な情報をパーソナライズしてプッシュ発信。住民に関係のあるお知らせが自動で届くため、住民にストレスなく情報発信することが可能です。

住民が設定した属性情報や関心ごとに応じて、必要な情報をパーソナライズしてプッシュ発信。住民に関係のあるお知らせが自動で届くため、住民にストレスなく情報発信することが可能です。

2
ユーザー目線で設計されたUI TOPPANがこれまで培ってきた表現技術をデジタルに応用し、住民が直感的に操作できるよう、ユーザー目線でUI(ユーザーインターフェース)を設計しています。

TOPPANがこれまで培ってきた表現技術をデジタルに応用し、住民が直感的に操作できるよう、ユーザー目線でUI(ユーザーインターフェース)を設計しています。

3
住民の生活をDX 自治体とのコミュニケーションだけでなく、住民の普段の生活を含めDXを推進します。これによって住民の利便性を高め、より住民の生活の中にアプリが浸透していきます。

自治体とのコミュニケーションだけでなく、住民の普段の生活を含めDXを推進します。これによって住民の利便性を高め、より住民の生活の中にアプリが浸透していきます。

4
自治体のDXを促進し、業務負荷を軽減 紙の配布物をデジタル化してアプリ上で配信することにより、自治体職員の業務効率化やDXを実現。またアプリが住民からのお問い合わせの一時受付となるため、問い合わせ対応の負荷軽減にもつながります。

紙の配布物をデジタル化してアプリ上で配信することにより、自治体職員の業務効率化やDXを実現。またアプリが住民からのお問い合わせの一時受付となるため、問い合わせ対応の負荷軽減にもつながります。

5
データ連携基盤を介したリアルタイムデータ連携 スマートシティでの実装が推奨されるデータ連携基盤につなげることにより、バス、タクシー、移動スーパーの位置などもリアルタイムに取得・表示する仕組みを実装。住民の生活をより豊かに。

スマートシティでの実装が推奨されるデータ連携基盤につなげることにより、バス、タクシー、移動スーパーの位置などもリアルタイムに取得・表示する仕組みを実装。住民の生活をより豊かに。

導入までのステップ

導入までのステップをご紹介します。

  • STEP 1 申込書のご提出

    サービス仕様書、利用規約にご同意いただいた後、申込書をご提出いただきます。

  • STEP 2 現状整理

    現状のヒアリングをさせていただくとともに、整理を行います。

  • STEP 3 要件整理

    現状整理の結果をもとに、本サービスの要件整理を行います。

  • STEP 4 開発

    要件に基づき、開発を行います。

  • STEP 5 操作のご説明等

    開発後、自治体ご担当者様が、主導で庁内でのご調整、職員様へのアプリ操作のご説明等を実施いただきます。

  • STEP 6 リリース

    アプリを住民様へリリースし、運用を開始していただきます。

よくある質問

よくあるご質問をご紹介します。

お問い合わせ