マーケティングオートメーション
MA基盤構築・コンテンツ開発から
運用まで一括でサポートいたします。

〜成果を出すにはMAの基盤構築から運用、改善を一連のチームで実施〜

カスタマーにとって心地よいコミュニケーションの実現に向け
基盤構築から配信実施まで一括で実行します

マーケティングオートメーション
MA基盤構築・コンテンツ開発から
運用まで一括でサポートいたします。

〜成果を出すにはMAの基盤構築から運用、改善を一連のチームで実施〜

カスタマーにとって心地よいコミュニケーションの実現に向け
基盤構築から配信実施まで一括で実行します

こんな課題をお持ちのマーケティング部門の方へ

マーケティングオートメーションを採用しているがリードに対して、一斉配信しかできていない。

マーケティングオートメーションで成果の出し方がわからない。

マーケティングオートメーションの運用で効果が出たのか分からない。

デジタルマーケティングツールを導入しても、運用できる人財がいない。

自社のセキュリティ基準が厳しく、マーケティング活動を拡大できない。

カスタマージャーニー設計やコンテンツ開発など マーケティングオートメーションを活用した成果創出をサポート

MAツール操作だけでなく、ツールのインプリメント、カスタマージャーニー設計やコンテンツ開発など、周辺領域についても必要な機能だけサービス提供することが可能です。

マーケティングオートメーションのご支援事例

A社さまのケース 既に導入されているツール特性を理解したMA運用支援

本社の意向でMAツールを導入されたものの、後々になって、コミュニケーションシナリオの企画や配信コンテンツの制作、ツールの設定などやらなくてはならない業務が多いことがわかったそうです。多忙な実務ご担当者だけでは、うまくツールを使いこなせないとのことで、トッパンにご相談をいただきました。私たちはメール配信のシナリオ設計から、配信業務、DM制作のリスト抽出まで一括してサポートさせていただきました。

ご存じですか?マーケティングを自動化できるところ、できないところ

B社さまのケース 集客母数を増やし、MAが本来もっている利用価値を向上

MAツールを導入されたものの、メールコミュニケーションの対象となる顧客の数が十分ではないとのことで、トッパンではリード獲得から全面的にご支援しました。ECサイトにアクセスされた顧客属性をリアルタイムに把握し、予め用意したシナリオをもとに顧客に最適なコンテンツを表示させることで、リードを育成し、ユーザー登録・購入などのコンバージョンを増やすサポートをさせていただきました。

C社さまのケース 購買履歴やWebアクセス履歴と連携したPDCA管理の徹底

MAツール上で配信したメールやLINEなどのコミュニケーションの配信結果以外に、売上データやECサイト上の行動を合わせて分析することが難しく、うまくPDCAを回せていなかったようです。そこでトッパンは、BIツールの提供や専門ツールでのアドホック分析を活用。蓄積したデータを活用することで、次に何をすべきかがわかるように効果検証をサポートさせていただきました。

トッパンが提供するMA運用サービスの特長

1
MAツールを理解したトッパンの専任チームが 貴社のMA運用の実行を
サポート 貴社の課題・ニーズに合わせて、いろいろなスペシャリストがアサインされます。

貴社の課題・ニーズに合わせて、いろいろなスペシャリストがアサインされます。

2
オリジナル開発の「運用ツール」を活用し安定したMA運用をお約束します。
3
オリジナル開発の「運用ツール」を活用し安定したMA運用をお約束します。 マーケティングオートメーションの導入・運用の課題の一つが、データセキュリティ。
凸版印刷ではお客様が安心してデータをお預けできるように、万全のセキュリティ体制を構築しています。

マーケティングオートメーションの導入・運用の課題の一つが、データセキュリティ。
凸版印刷ではお客様が安心してデータをお預けできるように、万全のセキュリティ体制を構築しています。

デジタルマーケティング高度化への提供機能

マーケティングオートメーションによるマーケティングの自動化、DMPによるデータ統合、
AIを活用した優良顧客分析など、最先端のデジタルマーケティングをご提案いたします。
マーケティング活動の高度化をワンストップでご支援します。

ご支援の流れ

デジタルコミュニケーションの成果最大化を実現するうえで、
貴社のコミュニケーション方針や実現可能チャネルの理解がスタートとなります。
貴社の状況に合わせたプラン・支援内容・体制をご提供します。

  • STEP 1 現状ヒアリング

    コミュニケーションの目標、主なコミュニケーションチャネル、主な関与部門などをヒアリングします。

  • STEP 2 必要基盤、運用体制算出

    必要となるシステムや機能を整理し、拡張性を加味しながらより無駄のない仕組み、体制をご提案をします。

  • STEP 3 PoCの実施、導入

    新しいコミュニケーションの有効性や基盤や運用の課題を、本格展開前にPoCとして実施、効果を検討し本番展開を行います。

よくある質問

マーケティングオートメーションに関して
よくいただくご質問 TOP10

お問い合わせ