コラム

浴室ガラスに調光フィルムLC MAGICを採用して上質な空間づくりを

◎◎

今回はニッコー株式会社 バンクチュール事業部の営業部、土谷氏と田中氏へのインタビューです。
ニッコー株式会社のオーダーメイドシステムバスブランド「BAINCOUTURE(バンクチュール)※」は「MORE than BATHROOM」をコンセプトに、近年、使う空間から過ごす空間へと進化しているバスルームの新たな可能性を提供しています。

※フランス語の、BAIN(バン)=「水まわり」、COUTURE(クチュール)=「高級な仕立て」からなる造語。「オートクチュールのお風呂」を意味するブランド名。

バスルームのガラスに新たな可能性を(インタビュー風景①)
インタビューに答える田中氏
バスルームのガラスに新たな可能性を(インタビュー風景②)
土谷氏はリモートで参加

今回は、大阪ショールームに展示されている浴室にLC MAGICをご採用いただきました。
バスルームにおけるホテルライクな上質空間の演出と、プライベート空間の確保にお役立ていただいています。
本インタビューではLC MAGICのご採用にあたり、その経緯とご感想を伺いました。(2023年3月実施)

安全性を兼ね備えたホテルライクな上質空間                    LC MAGICでさらに拡がるバスルームの新たな可能性

■お話を伺った方
ニッコー株式会社 バンクチュール事業部 第2営業部 部長 土谷泰央氏
ニッコー株式会社 バンクチュール事業部 第2営業部 大阪営業所 所長 田中秀幸氏

1)LC MAGICをご採用いただいたのは、どのような場所でしょうか?
田中氏:
2022年10月 にリニューアルオープンしたニッコーの大阪ショールーム「BAINCOUTURE(バンクチュール)」内です。4台あるシステムバスの中で目玉として設置したバスルームの、ガラスドア及びFIX窓に採用させていただきました。
弊社のシステムバスは、主に富裕層をターゲットとし、フルオーダーでご注文いただける商品です。
以前よりお客様からバスルームの窓やドアを透明・不透明に切り替えられるものはないかというご要望をいただいておりました。

バスルームのガラスに新たな可能性を(採用風景①)
LC MAGICが設置されたバスルーム
バスルームのガラスに新たな可能性を(採用風景②)
別角度から

2)なぜLC MAGICをご採用いただけたのでしょうか?
土谷氏:
決め手は安全性です。弊社のガラスドアはシームレス感を最大限に活かすため、縁取りなどのないガラスのみのデザインになっています。そのため、調光フィルムを採用するにはガラス端部などからの漏電・感電のリスクを限りなくゼロに近づける必要がありました。何社か声をかけさせていただきましたが、積極的にテストを行い信頼性のおけるデータをしっかり提示していただけたのが、TOPPANさんでした。
ドアのガラスを2枚重ねにしてその間にLC MAGICを挟むことでリスクを解消し、デザイン性と安全性の両立が可能になりました。

3)実際にお使いいただいたご感想と、今後の展望をお聞かせください。
田中氏:
来店されたお客様に実際にスイッチオン・オフの状態をご覧いただいていますが、非常に好評です。透明ガラスの窓とドアは小さなお子様を見守れる一方で、成長されてからのプライバシーを気にされるファミリー層のお客様もいらっしゃいましたが、LC MAGICを採用したことで、その点も安心してお選びいただけるようになりました。
ショールームスタッフも、今回の商品によって提案力が上がったと喜んでいます。

土谷氏:
LC MAGICを採用したことによる利点は、大きく2つあります。1つは、お客様にホテルライクなバスルームをご自宅に所有していただけるようになったこと。もう1つは、プロジェクターを活用して不透明状態の窓に大画面映像を照射できるようになったことです。
ここ数十年の間に、浴室は単なる水回りではなく、リラクゼーション空間、アミューズメント空間などの付加価値が求められるようになりました。今後もLC MAGICを活用した新たなアイデアを実現していくことで、バスルームの使い方をさらに発展させられるのではないかと考えています。

バスルームのガラスに新たな可能性を(ショールーム風景①)
大阪ショールームの外観
バスルームのガラスに新たな可能性を(ショールーム風景②)
ショールーム内(奥にLC MAGICが施工されたバスルーム)

お客様 社名

ニッコー株式会社

お客様 事業内容

バンクチュール事業部

ご採用の用途

大阪ショールーム  FIX、ドア バスルーム向け

調光フィルムタイプ

ノーマルホワイト (電気ON時:透明、OFF時:不透明)

採用面積

約18㎡

施工時期

2022年9月

施工内容

フィルム・電源・施工 

◎◎

■浴室ガラスに調光フィルムを採用するメリット

以上のように浴室の窓ガラスに調光フィルムを採用すると下記のようなメリットがあります。

〇美観の向上
モダンでスタイリッシュなデザインとなる為、浴室を含む室内の雰囲気を向上させることができます。

〇プライバシーの確保
スイッチ一つで透明から不透明に変わるため、瞬時に目隠しとなりプライバシーを確保することができます。こちらにより、カーテンやブラインドの使用は不要となり、浴室のようなプライベート空間に適していると言えます。

〇清潔性の向上
ブラインド等を使用しないことで、カビやホコリの蓄積を防ぎ、清潔な環境を簡単に保つことが可能です。

LC MAGICのご紹介

LC MAGICは、今回ご紹介したバスルームといった水回り以外でも様々な場面で採用されております。

スマートウィンドウとは電源のON/OFFで透明・不透明が切り替わるフィルムのことです。
(下記画像イメージ)

バスルームのガラスに新たな可能性を(調光フィルムLC MAGICのイメージ①)

オフィス・住宅・商業施設などにおいてブラインドやカーテンに代わる用途として活用されており、
使用シーンに応じて見え方を自由に変更することができます。
例えば普段はセキュリティ対策やプライバシー確保のために不透明にしておき、必要な場面で透明に切り替えることで見え方を瞬時に変えるといった活用方法があります。
店舗のガラスだけでなく、工場見学通路、医療関連施設などもその一例です。
加えて、スクリーンとして映像投影もできるため、会議室での資料投影や、ショーウィンドーに広告を映し出す演出も可能です。

バスルームのガラスに新たな可能性を(調光フィルムLC MAGICのイメージ②)

スマートウィンドウの切り替え方法としては、電源OFF時に不透明、ON時透明になるノーマルモードのほか、その逆で電源OFF時に透明、ON時に不透明となるリバースモードがあります。
リバースモードは透明時に電気を必要としないため、普段から透明な状態で使用する環境に適しており、安全上の観点から、万一の停電時に内側の確認が必要な場所にも安心して活用できます。
また、グレーやブラックなどカラーバリエーションもあるため、使用環境のイメージに合わせて活用可能です。
この様に、スマートウィンドウは状況や目的によって、幅広いシーンで活躍します。

本ウェブサイトに掲載している情報(文字情報、写真、図表、動画、PDF等の資料、 その他のデータ)の著作権は、当社または第三者が所有していますので、これら情報の無断使用・転載、二次利用を禁止します。
著作権法上の「私的使用」や「引用」の範囲を越えて、当ホームページの情報の使用を希望する場合は、ウェブサイトの問い合わせから事前に申請してください。利用方法によっては許諾できない場合がございます。

◎◎

◎◎

2024.07.04

新着記事 LATEST ARTICLE
    人気記事 POPULAR ARTICLE