サイバーセキュリティ人財育成トレーニング『DOJO』シリーズ
実戦で真に役立つサイバーセキュリティ人財育成を支援

サイバー攻撃は増加・巧妙化を続けており、これらに対処するためには実戦的な学習・訓練が必要です。

多種多様なプログラムの中から目標や目的に応じて最適なプログラムをご提供いたします。

サイバーセキュリティ人財育成トレーニング『DOJO』シリーズ
実戦で真に役立つサイバーセキュリティ人財育成を支援

サイバー攻撃は増加・巧妙化を続けており、これらに対処するためには実戦的な学習・訓練が必要です。

多種多様なプログラムの中から目標や目的に応じて最適なプログラムをご提供いたします。

技術部門、経営・事務部門の方々、このような課題はございませんか

専門的なセキュリティ人財の不足

サイバー攻撃への対応経験不足

セキュリティ知識・対応のバラつき

実戦で真に役立つサイバーセキュリティ人財育成を支援します

トッパンのグループ会社である株式会社Armorisが提供する『DOJO』シリーズでは、お客さまの目標に合わせてコンテンツのカスタマイズやアドバイスをしながら組織力強化・人財育成を支援します。

トッパンのグループ会社である株式会社Armorisはどんな会社?

導入事例

セキュリティトレーニング『DOJO』シリーズは、金融業界やインフラ業界を中心に、さまざまな業界で導入いただいています。

医薬品製造業 A社さま
全社員に向けたセキュリティ研修を導入
業界のセキュリティ意識向上に伴い、セキュリティ研修実施を検討され「DOJO Lite IT Basic」を導入。全社員が啓発講座として、オンライン録画でウェビナーを受講されました。
自動車部品メーカー B社さま
自社サービス品質向上を目的とした長期的なセキュリティ専門人財教育を導入
「DOJO」を導入。年間契約でお好きな時間にDOJOに通われ、マンツーマンで自ら設定した課題に取り組まれています。
製造業 C社さま
経営層やサービス主管部門に対してインシデント対応訓練を実施
「DOJO CORE」を導入。サイバー攻撃を想定した訓練を通じて組織対応としての課題が見つかり、DOJOの他サービスもご活用いただきながら組織力強化に取り組まれています。
金融業 D社さま
情報セキュリティ部門の人財育成に向けハンズオン講習へ参加
「DOJO Shot」を導入。情報セキュリティ部門の専門スキル習得・対応力強化にご活用いただいています。

セキュリティトレーニング『DOJO』シリーズの特徴

1
ターゲット/レベルに合わせて多種多様なトレーニングプログラムを提供 個々のスキル向上から組織力強化までトレーニングプログラムを多数ご用意しています。目標や目的に応じて最適なプログラムを選択いただけます。

個々のスキル向上から組織力強化までトレーニングプログラムを多数ご用意しています。目標や目的に応じて最適なプログラムを選択いただけます。

2
第一線で実務・実戦経験を積んだ講師陣 セキュリティ要件の厳しい金融機関で、サイバーセキュリティ管理に従事した実績のある講師陣が各サービスをサポート。最新技術や事例を基に講義をおこないます。

セキュリティ要件の厳しい金融機関で、サイバーセキュリティ管理に従事した実績のある講師陣が各サービスをサポート。最新技術や事例を基に講義をおこないます。

3
お客さまのニーズに応じた最適なプログラムをご提供 事前に課題確認や目標設定を行い、サイバーセキュリティ人財育成のアドバイザリ業務・コンサルティングからオーダーメイドのトレーニングメニュー開発までご提案します。

事前に課題確認や目標設定を行い、サイバーセキュリティ人財育成のアドバイザリ業務・コンサルティングからオーダーメイドのトレーニングメニュー開発までご提案します。

価格・スケジュール

DOJO CORE 130万円/回
準備期間:1~3か月 演習1回あたり半日~1日
DOJO 1人40万円/年間
通学型
DOJO Shot 基礎編16万円/回 ・発展編20万円/回
毎月2回実施、1講座2日間
DOJO Lite 個人参加の場合…3万円/人
研修請負の場合…20万円/回
DOJO Lite Basic 個人参加の場合…3万円/人
研修請負の場合…20万円/回
DOJO Lite for CoreLearn 3.6万円/ID
年間契約、学習教材+講師への質問可能

ご支援の流れ

  • STEP 1 ヒアリング

    現状の課題をお伺いします

  • STEP 2 企画書提示

    課題に沿ったプログラム案をご提案します

  • STEP 3 試行参加(無償)

    担当者の方を中心に、実際にご参加いただけます

  • STEP 4 チューニング

    必要に応じ、企画を修正します

  • STEP 5 プログラムの実行

    オンラインor現地にてトレーニングを実施します

  • STEP 6 フィードバック

    必要に応じ、講師を交えて成果相談会を実施します

お問い合わせ