金融業界向け AI校閲・校正支援システム
校閲・校正業務のAI活用・
オンライン化により、
制作業務全体を効率化

・AIを活用した校閲・校正自動化
・校正のオンライン化/テレワーク対応
・制作業務効率化
・業務負荷削減

金融業界向け AI校閲・校正支援システム
校閲・校正業務のAI活用・
オンライン化により、
制作業務全体を効率化

・AIを活用した校閲・校正自動化
・校正のオンライン化/テレワーク対応
・制作業務効率化
・業務負荷削減

校閲・校正業務、制作業務の作業負荷・非効率性にお悩みの方へ

校閲・校正作業の負荷が高く、またチェック基準が属人化している

ヒューマンエラーを防ぐために複数人で重複チェックをしており効率が悪い

制作の精度が低くて、差し戻し・修正のやりとりが多い

コンテンツの量に比例して、業務負荷も増え続けている

現物で校正・確認を行っているため、テレワークで仕事がすすめられない

【AI校閲・校正支援システムとは?】
AIが校閲・校正業務における様々なチェックを一括で実行。
自動化により、業務負荷を大幅に削減します。

これまで数々の制作業務改善に携わってきた知見から、制作業務における一番のボトルネックは、
作業品質が経験に依存しがちな校閲・校正業務と考えています。
AI校閲・校正支援システムは、日本語チェックや表記ルールチェックなどの「自動チェック機能」と複数人が同時に作業できる「オンライン校正・回覧機能」によって、校閲・校正作業の負荷削減だけでなく、制作業務全体の効率化を実現します。

導入事例

株式会社みずほ銀行様 みずほ銀行の広告制作物における校閲・校正業務を自動化

株式会社みずほ銀行様では、確認者の2重3重のチェックや複数の確認者からの差し戻しに対する制作者の修正作業などが発生し、制作・確認の両部門ともに負担がかかっていました。本システムの自動チェック機能により、確認部門だけでなく制作部門も初期段階からレギュレーションチェックが可能となり、制作者と確認者間のやり取り回数や修正指示の削減を実現しました。

詳細を見る

AI校閲・校正支援システムの特徴

1
原稿作成・デザイン制作時のチェックから活用することで、 修正指示や校正回数を削減 本システムの自動チェック機能を、原稿作成・デザイン制作時から活用し、確認者と共通のルールで事前にチェックすることで、初校精度を向上します。
修正指示や修正箇所の削減、出校・校正回数の削減につながり、制作業務全体の効率化・整流化を実現します。

本システムの自動チェック機能を、原稿作成・デザイン制作時から活用し、確認者と共通のルールで事前にチェックすることで、初校精度を向上します。
修正指示や修正箇所の削減、出校・校正回数の削減につながり、制作業務全体の効率化・整流化を実現します。

2
AIを活用した誤り検出で、様々なチェックを自動で行い、 アナログ・デジタル媒体問わず文章品質を向上 日本語として正しいか、制作レギュレーションに則っているかといった観点から、「用字用語ルール違反」、「誤った日本語文章」、「てにをはの誤り」などを検出します。
これらのチェックは、ディープラーニングやルールベースなどの様々な手法を組み合わせることで実現しており、紙媒体だけでなく、メールマガジンやWEBページなどデジタル媒体にも、幅広くご活用いただけます。
また、ルール化されていないベテラン校正者のナレッジをデータからAIが学習し、誰でも高水準な校正作業を行えるようになります。

日本語として正しいか、制作レギュレーションに則っているかといった観点から、「用字用語ルール違反」、「誤った日本語文章」、「てにをはの誤り」などを検出します。
これらのチェックは、ディープラーニングやルールベースなどの様々な手法を組み合わせることで実現しており、紙媒体だけでなく、メールマガジンやWEBページなどデジタル媒体にも、幅広くご活用いただけます。
また、ルール化されていないベテラン校正者のナレッジをデータからAIが学習し、誰でも高水準な校正作業を行えるようになります。

3
お客様業務に最適なシステム導入~運用支援による効果の最大化 AIを活用した仕組みを導入する際は、しっかりとした事前の業務設計と、利用開始後の再学習といった運用が重要です。弊社では、システム提供だけでなく導入~運用をワンストップで提供し、お客様の業務効率化の最大化を支援します。

AIを活用した仕組みを導入する際は、しっかりとした事前の業務設計と、利用開始後の再学習といった運用が重要です。弊社では、システム提供だけでなく導入~運用をワンストップで提供し、お客様の業務効率化の最大化を支援します。

機能一覧

チェック機能だけでなく、オンライン校正機能などをご活用いただくことで、制作業務全体の効率化を実現します。

価格

初期 400万円~
運用 30万円/月~
  • ※導入のスケジュールについては内容によって変動するため、別途ご相談ください。

導入までのプロセス

AIシステムの業務活用は通常のシステム利用と異なり、システム化範囲の検討・策定とAIの学習によるチューニングが必要です。
特にシステム化範囲の策定をあいまいにすると、導入後にシステムを活用しきれないリスクが高まります。
導入後の業務効率化に向けて以下のステップでご支援いたします。

  • STEP 1

    システム化範囲の策定、お客様から教師データのご提供

  • STEP 2

    システムのチューニング、お客様トライアル(改善PDCA)

  • STEP 3

    本導入

よくある質問

AIの活用について、よくある質問

  • 導入直後は校閲・校正精度が低いですか?
    当システムは「ディープラーニング」や「ルールベースの検出」など様々な手法を組み合わせているため、導入直後から一定の精度を発揮することができます。 さらに利用開始後のデータ蓄積と追加学習によって、お客様基準での校閲・校正を自動実行することが可能になります。
  • システム導入にあたり、現状業務フローを大きく変える必要がありますか?
    AI活用システム導入において、適切な「人とAIの役割分担」と「お客様に合わせた導入後業務フロー」を定義することが重要です。必要に応じて、別途現状業務を踏まえたコンサルティングの実施も可能です。

お問い合わせ