可能性アートプロジェクト
障がい者アート作品で、
企業のSDGs活動をサポートします。

・可能性アート®の利用
・可能性アートプロジェクト概要 
・アート作品一覧
・プリマグラフィー®のご紹介

可能性アートプロジェクト
障がい者アート作品で、
企業のSDGs活動をサポートします。

・可能性アート®の利用
・可能性アートプロジェクト概要 
・アート作品一覧
・プリマグラフィー®のご紹介

可能性アートプロジェクトは現場のこんな課題にこたえます

SDGsの取り組みをはじめたい

個性的なアートを活用してみたい

障がいのある社員の可能性をひろげたい

障がい者の経済的自立をサポートしたい

障がい者アートを活用し、企業と障がい者をつなぐ取り組みを実施したい

障がい者アートを活用したノベルティグッズを作成したい

可能性アート®の利用について

障がい者アート作品が商品に採用されると、アーティストやその支援団体にアート使用料が支払われ、自立支援に役立てられます。
これまでに、建設現場の仮囲い、広報誌、ノベルティなど、多くの企業様にアート作品をご採用いただいています。
その他、卓上カレンダーや、紙製飲料容器「カートカン®」などにも2次利用されています。
可能性アートプロジェクトを通じて、障がい者アート作品をご採用いただくことにより、SDGs1,4,8,10,17の項目に貢献することができます。

kanouseiart_service_1

※作品が商品に二次利用された場合、作品の作者へ払うアート使用料を「使用用途」・「数量」・「使用期間」等を基に都度お見積もりさせていただきます。

アーティスト活動支援の流れ

可能性アートプロジェクトとは

TOPPANは、2018年より「障がい者の自立支援」、「企業の事業活動」と「人財開発」を組み合わせた新たな試みとして
「可能性アートプロジェクト」を推進しています。
TOPPANの高精細な画像データ処理技術を活用し、障がいのあるアーティストの作品を付加価値化することを通して、
社会的課題解決(障がい者の自立)と経済的事業活動が両立するビジネスモデルを構築することを目指す取り組みです。
また、そのビジネスモデルの構築を、TOPPANの企業研修のプログラムとして採用し、次世代リーダーの育成にも活用しています。

可能性アートプロジェクトとは

可能性アート®の作品紹介

可能性アートプロジェクトでは、障がいのあるアーティストの皆様に「無限の可能性・才能」をテーマとして、
数多くの作品を描いていただいています。
2次利用にご採用いただける障がい者アート作品は、2022年4月時点で新たに50作品増え、約200作品となりました。
素晴らしい作品が多数ありますので、ぜひご覧ください。

可能性アート(R)の作品紹介

プリマグラフィー®のご紹介

「無限の可能性・才能」をテーマとした障がい者アート作品を、新たな作品として制作し、「プリマグラフィー®」として額装しました。

「プリマグラフィー®」ご購入1点につき36,000円が、作品を制作したアーティストと所属する団体の活動に支援されます。

プリマグラフィー®とは
アメリカにて版画製作の技法として登場したジークレー技法と、TOPPANが製版・印刷で培った色調整技術を融合させたものです。
ジークレーとはフランス語で「吹き付ける、噴霧する」という意味で、美術版画製作の世界において、
シルクスクリーン、リトグラフと並ぶ新たな技法として定着しています。

プリマグラフィー(R)のご紹介

活用事例

さまざまな業種の企業様に障がい者アートをご採用いただき、幅広く活用いただいております。

可能性アート事例1
株式会社 安藤・間 建設現場の仮囲い

建設現場の仮囲いに障がいのあるアーティストの作品が採用されています。
全国のさまざまな拠点で採用されており、建設現場の仮囲いを通して多くの人に可能性アート®作品が届けられています。
この制作を通し、アート作品を利用する上で「アート使用料」を
アーティストの方にお支払いしています。

可能性アート事例2
一般社団法人 日本能率協会 広報誌

広報誌に障がいのあるアーティストの作品が採用されています。
約2年間採用が続いており、広報誌を通して可能性アート®作品が読み手に届けられています。
この制作を通し、アート作品を利用する上で「アート使用料」を
アーティストの方にお支払いしています。

可能性アート事例3
住友不動産株式会社 常設展示

「住友不動産」のビルに障がいのあるアーティストの作品が常設展示として採用されています。
アート作品はプリマグラフィーとなっており、常設展示を通してオフィス就労者や来訪される方々に可能性アート®作品が届けられています。
この制作を通し、アート作品を利用する上で「アート使用料」を
アーティストの方にお支払いしています。

可能性アート事例4
TOPPAN株式会社 卓上カレンダー

障がいのあるアーティストの作品を展開した卓上カレンダーです。
毎年13作品がカレンダーの表紙や各月のデザインに採用されています。
アート作品を利用する上での「アート使用料」をアーティストの方にお支払いする他に、カレンダーの売り上げ1部につき100円が寄付される仕組みとなっています。

可能性アート事例5
TOPPAN株式会社 紙製飲料容器「カートカン®」

紙製飲料容器「カートカン®」に障がいのあるアーティストの作品を展開した製品(非売品)です。
お客さまとの商談時や、学生に参加いただく採用イベントなどで活用しています。
この製品を通し、アート作品を利用する上で「アート使用料」を
アーティストの方にお支払いしています。

よくある質問

お問い合わせ