Web リニューアル/運用サービス

運用起点で、リニューアルから運用までを支援します

更新頻度の高いWebサイトが成功に至るまで~

貴社のビジネスや商材を理解した上で、リニューアル構築フェイズでも
運用フェイズでもつまづかない、そんなサービスを提供します。

Web リニューアル/運用サービスで実現できること

現状把握・課題抽出を丁寧に行うことにより、各社様固有の課題を、
リニューアル面・運用面の双方で改善・解決していきます。

以下のような失敗を経験された企業様が、私たちへ相談をしてくれます。

Webサイトリニューアル時の要件定義などの設計不足で運用の手間が増え、Webサイト運用フェーズにおける対応時間とコストがリニューアル前よりも増加してしまった。
Webサイトリニューアルを担当する会社と運用する会社が異なり、成果指標(KPI)に対するタグ設定や管理などの作業内容や業務範囲が曖昧で、リニューアルの成果がわからなくなった。
デザイン重視でWebサイトリニューアルを行ったため、ちょっとした更新でもデザインの調整が必要となり、毎回コストが発生してしまうことが運用フェーズではじめて判明した。
Webサイトリニューアルを担当した制作会社が運用が苦手であることが後に判明し、業者変更により運用のPDCAを開始するのが半年間遅れてしまった。
設計時に理想を優先したワークフローでCMSを構築したが、運用フェーズに入り、作業・承認に手間取り、更新がままならなくなってしまった。

 

私たちは、貴社のビジネス視点にたってWebサイトリニューアルと運用を考えるため、上記のような問題をおこしません。
Webサイトリニューアルの要件定義と並行して運用設計を行いリニューアル構築フェーズから運用フェーズへ、スムーズなシフトを行います。
数社へ発注する必要があるプロジェクトでも、ハブ機能の役割を代行し、
貴社担当者様が、複数社へ同じ説明や対応をする手間を省き、ダブルコストも防ぎます。

 

  • 運用ガイドラインサンプル
  • 運用改善活動サンプル

ご支援実績

  • 日清フーズ様実績

    キャンペーンの企画提案から構築までを短期間で実行支援する中で、デジタルマーケティングにどう取り組んでいくかという課題を共有。

    凸版が、デジタルマーケティングに関する社内勉強会を開催し、プロモーションの枠にとどまらない、消費者視点のデジタルマーケティング戦略の展開を提案。

    デジタル上でどのような顧客接点を持つべきか、中長期のロードマップを描いた上で、Webサイト「パスタペディア」「パスタらいふコミュニティ」をオープン。「パスタらいふ」は会員数が16,000名を超えるなど、両サイトともにデジタル上での存在感も日々高まりをみせ好調なスタートを切る中で、凸版は継続的な運用サポートを続けている。

  • 大手百貨店様実績

    全国23店舗の個店SNS立ち上げ~教育、個店でのWEB/SNS広告配信を実施。オウンドメディアも含めた総合支援の実運用を開始。

     

    導入までの流れ

大企業における豊富な実績・ノウハウで、貴社を継続的にサポート

豊富な経験に基づいたコミュニケーションにより、
運用後の管理体制や更新作業、ページの改善などの
具体的業務の姿を常にイメージいただけます。

  • 豊富な実績やノウハウから、貴社の業界で指標とすべき項目・数値をご提案できます。
    豊富な実績やノウハウから、貴社の業界で指標とすべき項目・数値をご提案できます。

    豊富な実績やノウハウから、貴社の業界で指標とすべき項目・数値をご提案できます。

  • 経験に基づき、リニューアル時に、貴社の運用要件にあてはまらないデザインやシステム(CMS等)は提案しません。これは、リニューアルと運用で実績のある弊社にまかせる、ならではのメリットです。
    経験に基づき、リニューアル時に、貴社の運用要件にあてはまらないデザインやシステム(CMS等)は提案しません。これは、リニューアルと運用で実績のある弊社にまかせる、ならではのメリットです。

    経験に基づき、リニューアル時に、貴社の運用要件にあてはまらないデザインやシステム(CMS等)は提案しません。これは、リニューアルと運用で実績のある弊社にまかせる、ならではのメリットです。

  • 「実績をもとに作成した標準プロセス」を都度カスタマイズし、セミオーダーメイドのフローやガイドライン作成を行います。
    「実績をもとに作成した標準プロセス」を都度カスタマイズし、セミオーダーメイドのフローやガイドライン作成を行います。

    「実績をもとに作成した標準プロセス」を都度カスタマイズし、セミオーダーメイドのフローやガイドライン作成を行います。

貴社ビジネスの理解がすべてのサービスの土台

貴社ビジネスの目的達成につながるか?が唯一の判断基準

貴社ビジネスの理解がすべてのサービスの土台

どんなにデザインがよくても、UI/UXに秀でていても、貴社ビジネスの方向性とずれていては何の意味もありません。
私たちは、多種多様な業態・業種に対応してきた実績もあり、ビジネスの理解が得意です。

リニューアル前後の成果指標(KPI)の比較は必須です。リニューアル時にタグ設計を行い、運用フェーズでタグ管理、レポーティングを実施することで、ビジネス目標達成をサポートします。

貴社ビジネスや現在の貴社業務要件を理解したうえでフローやガイドライン作成を行うため、アウトプットを見た時、運用の姿をイメージしていただきやすいはずです。

リリース後の運用を考慮したリニューアル支援

「リニューアル時の要件定義・設計」の要素は、大きく分けて「現状把握、ビジネス設計、デザイン設計、システム設計、運用設計(業務設計)」の5つです。
Webサイトの継続的な運営で失敗する場合の多くの原因は、「リニューアル時の要件定義・設計」におけるビジネス設計や運用設計(業務設計)の不足によります。
「リニューアル時の要件定義・設計」は、デザイン設計にかたよりがちです。
私たちは、貴社の現実的な事情を最優先に、失敗しないリニューアル・運用を伴走支援いたします。

 

リリース後の運用を考慮したリニューアル支援
  • Q1

    トッパンの強みはなんですか?

    A

    トッパンは、プロセスごとにビジネスを昔からやってきたため、運用を考慮した伴走が強みです。
    得意先のバリューチェーンの一部を担うことを続けてきたDNAが貴社の課題解決に役立てます。

  • Q2

    なぜ運用が大事なのでしょうか?

    A

    Webサイトはリリース後がスタートです。
    成果を上げ続けるためには運用が不可欠です。
    事前に運用を考慮した設計を初期の検討段階に行います。

  • Q3

    どういう体制でフォローをしていただけるのでしょうか?

    A

    構築フェイズでは要件に応じて、PMやディレクタ、SE、プランナーなどでチームを組んで対応します。
    運用フェイズにおいては、ディレクターを中心に複数メンバー体制とともに、ルール化による属人化を防ぎます。