よくいただくご質問 TOP10

  • Q1

    電子マネーをトッパンが扱うことに不安があるのですが‥

    A

    弊社サービスは、お客さまのお金を預かる「金融システム」であるという前提に立ち、安定性・安全性を最重要と考えて運用しています。多数のクライアント企業さまにご利用いただきながら、実質稼働率100%(2016年実績、定期メンテナンスを除く)を維持し、止まらないサービスを提供し続けています。

  • Q2

    SUICAやedyなどの電子マネーとの違いを教えてください。

    A

    ICチップに残高情報を持つタイプとは異なり、弊社サービスは、サーバーで残高を管理しリアルタイムに決済処理を行っています。自社・グループ内で使える「ハウス電子マネー」は、どこのお店でも使える共通電子マネーと異なり、自社店舗へのお客さまの再来店を促すことができます。すでに共通電子マネーをご利用の店舗でも導入いただけます。

  • Q3

    ポイントや電子マネーに関する法律の知識がありません

    A

    前払い式決済手段(プリペイドカード)に関する法規として、資金決済法や法人税法への対応が必要になります。弊社では、届出に必要な各種レポートにシステム的に対応しているだけでなく、多数のクライアント企業さまを支援してきた経験から必要な情報をご提供するとともに、法対応にかかわる貴社の業務負荷が低減できるようサポートいたします。

  • Q4

    顧客と購買履歴を紐づけて分析したい。POSとの連携までお願いできますか?

    A

    ポイント会員の属性情報と、電子マネーの購買情報を利用することで、お客さまの購買行動を分析し、マーケティングに役立てることができます。ValueFront Analyticsを利用することでPOSデータと連動した購買分析も実現できます。

  • Q5

    複数の店舗ブランドで同じシステムを使っている事例はありますか?

    A

    はい、ございます。企業グループの共通ポイント・電子マネーとして弊社サービスを導入いただき、グループ内の各ブランドでのサービスの共通化を行っています。グループ共通の販促施策展開にお使いいただけるだけでなく、運用面や財務面でのメリットもあります。

  • Q6

    カードが増えることに抵抗のあるお客さまもいるのですが?

    A

    お買い物の際にご提示いただくカード媒体の利便性は高いのですが、確かにカードが増えすぎるという意見もあります。スマートフォンをご利用いただいているお客さまのために、スマートフォンアプリでポイント残高を確認したり、電子マネーでの支払いができるカードレス決済のソリューションもご提供させていただいています。

  • Q7

    入会促進キャンペーンなども、導入時に一緒に提案してもらえるのでしょうか?

    A

    ポイント会員サービスが成功するには、いかに短期間に会員数を拡大するか、そのスタートダッシュの施策が重要です。トッパンでは、入会促進キャンペーンでの特典ポイント付与だけでなく、入会促進支援の人的支援や会員登録のバックオフィス業務など、多彩なご支援を行うことができます。

  • Q8

    利用状況をみて、改善施策を一緒に考えてもらうことはできるのでしょうか?

    A

    トッパンは、単にシステムを提供するのではなく、当サービスをお使いいただくことで売上が拡大し、貴社の業績に寄与できることを重視しております。データ分析に基づく改善提案や、お客さまへ効果的なコミュニケーションを行うお手伝いをさせていただきます。

  • Q9

    他社の電子マネー導入事例を教えてもらえますか?

    A

    すでに利用されているクライアント企業さまの活用事例をご紹介できます。弊社のサービスは、さまざまな業界の企業さまにお使いいただき、その利用方法も多彩です。また、サービス導入後には、ご利用企業さまを招待して「ユーザー会」を実施しています。貴社もご参加いただくことで、直接ご利用企業さまとの情報交換や事例の共有も可能です。

  • Q10

    ハウス電子マネーの導入費用、月々のランニング費用を教えてください。

    A

    店舗でのご利用方法、Web利用での有無など、条件によって初期費用および月額の利用料は変わってきます。ご利用のPOSシステムやオンラインストアのシステムなど、ご利用環境をヒアリングさせていただき、個別にお見積りいたします。また弊社サービス利用料以外に、POS改修やオンラインストアの改修費用も別途ご検討いただく必要があります。