メールマーケティング

これから注目の
電子メール以外のPushメディア

トッパンのメールマーケティングでは、多彩な手法をご用意。ターゲットに合わせた最適な手法を選び、それに紙のDMを組み合わせることも可能。
リアルとネットの連携ができるのもトッパンの強みです。

LINEでのコミュニケーション

LINEで企業と「おともだち」になっていただくと、いろいろなPush通知が配信できます。ここでセール情報を出す際、間違い探しなどのゲームなどを組み合わせたり、おもしろ動画を見せたりして、自社サイトに集客すると、より閲覧率は高まります。また、クイズ形式でお客さまの情報を取得することで、セグメントされた情報を出すことも可能です。商材やターゲットによっては、メールよりも開封効果の高いLINEを上手に使いこなすアイデアもトッパンが支援します。

アプリへのPush通知
(ノーティフィケーション)

スマホアプリをインストールしていただいているお客さまに、クーポンやお得なお知らせをPush通知するのは代表的な使い方。単なるセールやイベント情報だけでなく、キャンセル待ち状況、お気に入りに入っている商品の在庫情報、住みたいエリアの分譲地情報など、顧客の関心の高い情報を出しましょう。情報(例:小売り、エンタメ、スポーツ‥など)によってユーザーのアプリ接触回数なども異なりますので、あまり頻繁に行うとアプリを削除されるリスクも。トッパンのアプリPush通知のシナリオノウハウを活用して、より効果的な販促を実現してください。

紙のダイレクトメール(DM)

これまでも、チラシなどに顧客名を刷り込んだり、顧客の属性に合わせて商品画像を印刷したりするオンデマンド印刷はありました。現在はさらに進んで、ECサイトで購入した商品に同梱されているチラシにも、ECサイトでのレコメンドを反映した内容が反映されたり、「買うかもしれない」と想定される商品DMを送ったり‥とネットで得られたデータを基に紙でPushするやり方も主流になってきます。

Pushツールの
組み合わせ施策例

トッパンのメールマーケティングでは、多彩な手法をご用意。ターゲットに合わせた最適な手法を選び、それに紙のDMを組み合わせることも可能。
リアルとネットの連携ができるのはトッパンの強みです。

将来的なMA(マーケティング
オートメーション)の導入や
ソーシャルメディアとの連携にも
スムーズに対応いたします。

いずれMAを導入して、ターゲットごとに、よりカスタマイズしたメール配信をご検討のお客さまもご安心を。トッパンがご提案するメールマーケティング施策は、MAの種類を問わずスムーズに連携できるように設計されています。詳しくは、マーケティングオートメーションをご覧ください。

すべてのメールにFacebookの「いいね!」ボタンを設置するのではなく、メール受信者の特性を鑑みたソーシャルメディアのシェアボタン設置や自社ページへのLINKも検討を。ソーシャルメディアのフォロワーにメール登録を促したり、メール内容をクリックした人に対してソーシャルメディア広告などでもリターゲティングを行う‥など、トッパンはお互いの良いところを活かしたマーケティング施策の組み立てもご提案します。