DARA CAMP 2019 TOKYO

  • 日時:2019.11.29 Fri
  • 場所:JPタワー ホール&
    カンファレンス

お申込み受付、終了のお知らせ

「DATA CAMP 2019 TOKYO」は定員に達しましたので、お申し込みの受付を終了させていただきました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

テクノロジーで
ビジネスをアップデートする

デジタルエコノミー社会では、顧客の解像度を高め、商品とのマッチングを図り、動的に最適化された価格で、
最良の顧客体験を提供できる企業が勝ち残ります。
そのためには、膨大なデータから、革新的なアルゴリズムを生み出し、
IT技術を駆使してビジネスに実装することが求められています。
今回のDATA CAMPでは、有効なテクノロジーを活用し、マーケティングモデルやビジネスモデルをアップデートさせている実践ケースや、
着目されるテクノロジーをご紹介します。

開催概要

日時
2019年11月29日(金) 13:00~18:15(12:30開場)
会場
JPタワー ホール
&
カンファレンス
〒100-7004
東京都千代田区丸の内
二丁目7番2号KITTE 4 階
GOOGLE MAP
定員
300名
参加費
無料(事前登録制)
主催
凸版印刷株式会社

※都合により講演者・プログラムに変更がある場合がございます。あらかじめご了承ください。

時間 テーマ 企業 講演者
13:00~ 開演
13:00~ 開演
13:00~13:05 ご挨拶
13:00~13:05 ご挨拶
13:05~13:50 テクノロジーで
ビジネスを
アップデートする
13:05~13:50
テクノロジーでビジネスをアップデートする
ピクシーダストテクノロジーズ株式会社
代表取締役 COO
村上 泰一郎氏
東京大学工学部マテリアル工学科卒業後同大学院にてバイオマテリアルを専攻。修士(工学)。その後アクセンチュア戦略コンサルティング本部にてR&D戦略/デジタル化戦略/新規事業戦略等を中心にテクノロジーのビジネス化を支援。また同社在職中にベンチャー技術の評価と大企業への橋渡しを行う新組織(Open Innovation Initiative)、およびイノベーション拠点(Digital Hub)の立上げにも参画。外資系VCの日本支社立上げや技術ベンチャー支援等を行ったのち、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社にCOOとして参加。一般社団法人未踏のエグゼクティブアドバイザーも兼任している。
凸版印刷株式会社
情報コミュニケーション事業本部 情報デザイン事業部
トッパンアイデアセンター コミュニケーションデザイン本部 本部長
梅川 健児
事業開発、スペースデザイン、セールスプロモーションなどの担当を経て、2006年にCRM専門会社である(株)BrandXingに参画、CRMコンサルティング、マーケティング戦略立案を推進。凸版に帰任後、2018年1月より現職。デジタルマーケティング事業の推進に奔走中。
13:50~14:20 メディアビジネスの
将来と
テクノロジー
13:50~14:20
メディアビジネスの将来とテクノロジー
株式会社講談社
IT戦略企画室 デジタルソリューション部 副部長
織田 順一氏
外資系コンサルティングファームを経て現職。社内外のデータ統合基盤の構築・解析および活用プロジェクトを推進。スタートアップ企業との資本提携・協業推進も担当。
株式会社白ヤギコーポレーション
CEO
渡辺 賢智氏
パナソニック、ボストンコンサルティンググループを経て白ヤギコーポレーションを設立。白ヤギコーポレーションではクローリングによるオンライン上のニュース情報取得や、自然言語処理を用いたニュース分析、文章へのタグ付けなどを実施している。
14:20~14:30休憩・名刺交換
14:20~14:30 休憩・名刺交換
14:30~15:00 “顧客体験”を
アップデートする
デジタルストアの未来
14:30~15:00
“顧客体験”をアップデートする
デジタルストアの未来
AWL株式会社
取締役CTO 兼 AI HOKKAIDO LAB所長(弁理士)
土田 安紘氏
北海道大学大学院修士課程修了。CTO兼、札幌を拠点としたR&D拠点「AI HOKKAIDO LAB」所長として、「AIによる小売の再定義」の技術戦略の立案や、本戦略を実現するためのR&D体制構築を担当。弁理士として全社の知的財産戦略も主導。
15:00~15:30 Drive
Digital Transformation
~データ活用を推進
するために必要なこと~
15:00~15:30
Drive Digital Transformation
~データ活用を推進するために必要なこと~
グーグル合同会社
広告営業本部 リテール業界 統括部長
橋本 潤氏
アクセンチュア株式会社に入社後、同戦略コンサルティング本部にてデジタル戦略、マーケティング戦略、セールス戦略を中心に、多数のエンタープライズ企業向けのビジネス支援を実施。アマゾン合同会社にてアマゾンリテール事業全体のマーケティング戦略立案・推進を担当した後、グーグル合同会社に入社。同社広告営業本部、小売業界統括部長に着任し、日本の小売業界のデジタルトランスフォーメーションを推進。
15:30~15:45 休憩・名刺交換
15:30~15:45 休憩・名刺交換
15:45~16:15 “マーケティング”を
アップデートする
CDPの開発
15:45~16:15
“マーケティング”をアップデートする
CDPの開発
株式会社富士フイルムヘルスケアラボラトリー
営業本部 CSソリューション部 統括マネージャー
竹内 正也氏
書籍の編集・プロデュース業を経て、2008年に株式会社アイ・エム・ジェイに参画。様々なナショナルクライアントのデジタル戦略策定およびWEB・アプリケーションの企画・開発をプロデュースし、社内育成業務にあたる。 2019年に株式会社富士フイルムヘルスケアラボラトリーへ参画し、デジタルマーケティングを推進すべく、CSソリューション部とダイレクトマーケティング部を兼務し、マーケティングシステムの統括を牽引している。
16:15~16:45 データマーケティングの
意思決定を高速化
~DMP×AIの活用~
16:15~16:45
データマーケティングの意思決定を高速化~
DMP×AIの活用~
TIS株式会社
サービス事業統括本部 デジタルトランスフォーメーション営業企画ユニット デジタルトランスフォーメーション第2営業部 エキスパート
伊藤 直広氏
2012年よりデジタルマーケティングに携わり、現在は企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するデータ利活用領域のセールスマネージャーを担当。
16:45~16:55 休憩・名刺交換
16:45~16:55 休憩・名刺交換
16:55~17:25 産業分野における
サイバーセキュリティ政策
~ホワイトハッカーがつくる
信頼性のアップデート~
16:55~17:25
産業分野におけるサイバーセキュリティ政策
~ホワイトハッカーがつくる
信頼性のアップデート~
経済産業省
商務情報政策局 サイバーセキュリティ課長
奥家 敏和氏
1995年に通商産業省(現経済産業省)入省。マクロ経済分析、科学技術戦略、公務員制度改革、情報システム高信頼など様々な業務を担当した後、2010年より日本貿易振興機構(ジェトロ)New York Centerにて産業調査員を務める。2013年から資源エネルギー庁需給政策室長として日本の第4次エネルギー基本計画の策定等を担当。2015年より安全保障貿易管理政策に従事。2016年より安全保障貿易管理政策課長として対内直接投資規制等を強化する外為法改正等に取り組んだ後、2017年7月より現職。
株式会社イエラエセキュリティ
取締役 事業推進部 部長
伊藤 章博氏
2002年にニフティ株式会社入社、法人営業を担当。その後、資源エネルギー庁の再生可能エネルギー普及啓発事業、総務省のフューチャースクール 推進事業、経済産業省のクラウド技術の東南アジア展開事業など、政策に関わる事業のプロジェクトマネージャーを歴任。経済産業省、産業革新機構、ニフティの合弁会社であるグロサスの設立を主導。中小企業の海外展開を支援し、タイ・インドネシア・マレーシアの事業においてプロジェクトマネージャーに就任。2016年にイエラエセキュリティ入社。2017年より同社取締役就任。
17:25~17:55 AI活用による価格変動
ビジネスへの挑戦
~拡がるダイナミック
プライシング~
17:25~17:55
AI活用による価格変動ビジネスへの挑戦~
拡がるダイナミックプライシング~
メトロエンジン株式会社
COO兼チーフデータサイエンティスト
小阪 翔氏
京都大学理学部化学科卒業、京都大学大学院理学研究科(量子化学専攻)修了。2010年、大手化学メーカーに就職。国内営業/海外営業を経て、自ら企画した中国企業との提携による新規事業を立ち上げる。その後渡米し、2017年ミシガン大学Ross School of Business修了(経営学修士、成績優秀者で構成されるベータガンマシグマ会員)。MBA取得後は同大学院に研究員として残り、統計学と機械学習のビジネス活用を研究。
帰国後は野村総合研究所でデータサイエンティストとして各種業界(消費財、金融、エネルギー、教育など)のコンサルティングに従事。
17:55~18:15 名刺交換
17:55~18:15 名刺交換