具体例で解説!
LINEのマーケティング活用法

2018.12.27

老若男女問わず使用されているメッセージアプリ「LINE」を活用するマーケティングは今、多くの企業で浸透しています。特に、注目されているのが「LINEビジネスコネクト」です。今回は、LINEビジネスコネクトを活用し、その機能を存分に生かして、より成果を上げるためのLINEマーケティング活用法をご紹介します。

LINEビジネスコネクトで双方向のマーケティングを実現

もはやLINEはインフラ化しているといわれており、LINEを使ったサービスやPRが広がっています。中でもLINEが提供するLINEビジネスコネクトは、企業がLINEをビジネスに活用しやすくなるサービスとして多くの企業に利用されています。

LINEビジネスコネストは、企業側のデータベースとLINEアカウントを連携させることで、通常のLINEの企業アカウントとは異なるコミュニケーションを取ることができるようになるものです。

例えば、LINEと企業のCRMシステムを連携させることで、特定のユーザーに対して最適化されたメッセージの送信が可能になります。つまりOne to Oneのコミュニケーションが可能になるのです。
またメッセージ配信の領域を超え、CRMツールとしての機能や業務ソリューションツールとしての利用もできるようになります。

すでにLINEビジネスコネクトを活用している企業は、従来よりも成果を実感しており、「LINEビジネスコネクトのコンバージョン率はメールより圧倒的に高い」「メールには反応しないがLINEビジネスコネクトのメッセージには反応する会員もいる」などの声が成功事例として挙がっています。

このように成果を出すためには、ポイントがあります。そこで、LINEビジネスコネクトで成果を出すための活用方法を3つご紹介します。

活用法① 来店者ターゲティングによる「友だち」獲得

最近、駅ビルや店の入口などで店舗から自分のLINEに商品情報やクーポン情報が表示された経験はありませんか?これは「LINE Beacon」機能によるものです。

Beacon(ビーコン)とは、Bluetoothという信号の発信機もしくは無線技術のことです。店舗などにBeacon機器を設置しておくことで、通りすがりの人が持つ“Bluetoothをオンにしているスマートフォン端末”に対して信号を発信し、商品やクーポンなどの情報を顧客に届けることができます。距離は数m~30mで、その範囲は調整することが可能です。

また店舗にLINE Beaconを設置しておくことで、まだ「友だち」でないユーザーにLINE Beaconからプッシュ通知して知らせることで、公式アカウントへの登録を促すといった使い方もできます。

活用法② エリアターゲティングによる「友だち」獲得

より多くの来店を促すためには、エリアターゲティングもポイントになります。店舗近くで、特に来店可能性が高いのは買い物主婦層と考えられます。

これらの層にリーチするために、「Shufoo!(シュフー)」というWEBチラシ配信サービスのユーザーの行動ログを利用して、「買い物主婦」をセグメントしてターゲティングする方法があります。
抽出された「自店舗への来店可能性の高い買い物主婦ユーザー」の買い物行動圏を把握し、自店舗のLINE公式アカウントへと「友だち」登録を促す、勤務地近くの店舗の取り扱い商品のご案内、ライフスタイルを把握してLINE上で的確な商品をお勧めするなど、さまざまなことが可能になります。

LINEビジネスコネクトとエリアターゲティングを組み合わせることで、より多くの来店可能性の高い「友だち」を獲得することが可能になります。

活用法③ 自社顧客IDと連携し最適アプローチを実現

3つめの活用法は、LINE上で開催するキャンペーンを企画し、自社顧客IDとLINE(UID:ユーザー識別子)を紐づけ、セグメントごとに最適なアプローチを行っていく方法です。

具体的には以下のような取り組みになります。
「ID登録すれば商品をプレゼント」などの仕組みを作り、「QRコード経由」「LINE Beacon経由」「電子チラシ経由」「Web広告経由」など複数の応募ルートで会員登録を募ります。ユーザーにお届け先入力と同時に会員登録をしてもらい、このタイミングで自社顧客データベースの会員情報とLINEのUID(ユーザー識別子)を紐づけます。これにより、LINEメッセージによるアプローチはもちろん、セグメント毎にコール、DM、eメールといった多彩なアプローチの中から最適なアプローチを行うことが可能になります。

こうしたユーザーセグメントを巧みに利用することで、それぞれの顧客に対して最適なアプローチが可能になり、新規顧客から見込顧客へ、そして顧客化へと促すことができます。

まとめ

LINEビジネスコネクトが提供する「One to One」、「双方向」のコミュニケーションによって、企業はさまざまなPRやサービスを実現できるようになりました。自社のデータベースと提携させることで、いわゆるマスメディアを利用したPRでは難しかった効果測定も可能になります。

今後、企業のLINEのマーケティング活用がより活発化し、ユーザーそれぞれに有益で、細やかな情報やサービスが提供されるようになっていくでしょう。

凸版印刷では、多くの企業様が抱えている「会員化・利用促進・コミュニケーション強化」の課題解決に必要な、1.ユーザー様を集め、2.属性・利用状況を見える化し、3.その状況に応じてメッセージを届けるという3つの機能を、1つのプラットフォーム上で実現する「Cam!LaboConnect」をご提供しています。LINEのマーケティング活用にご興味がありましたら、お気軽にご相談ください。

2019.02.05

企業の正しいSNS活用方法を伝授
ソーシャルメディア運用 チェックリスト

ソーシャルメディアはますます注目を浴びており、導入企業も増えている一方、記事を投稿しつづけさえすれば、良好な関係を構築できるとの誤解も見受けられます。
本資料では、質と量を担保した制作体制、リプライに対する対応体制、監視体制など、安定的に運用するために整備すべきポイントをご紹介しています。

資料内容
  • 各ソーシャルメディアの特性に応じた運用コンセプトや訴求ポイントは定まっている?
  • 投稿文のルールやポリシーは定まっている?
  • 原稿作成から投稿までのフローは決まっている?
  • リプライ反映までのフローは定まっている?
  • レポートをもとにした改善の運用イメージは?
    など
  •