これからどうなる?
メールマーケティングの未来

2017.4.25

メールを使ったマーケティングは、今ではほとんどの企業が実践するベーシックなマーケティング手法として定着しました。しかし、技術の発達やマーケティング理論の進歩などによって、メールマーケティングも進化を続けています。

個人にカスタマイズした
メール配信が当たり前に

一人ひとりの興味に合わせた内容

受け取る側が興味を示さないメールは、未読のままゴミ箱に捨てられる“迷惑メール”になりかねません。メールを読んで「自分にとって有益」と感じる内容のコンテンツを送信し、レスポンスを高めることが、メールマーケティングの一番の目的です。そのためには、一人ひとりの嗜好性に合わせた、各人の関心度が高いコンテンツをタイミングよく送信する必要があります。

お客さまを次の行動に促すメール

従来の画一的なメールマガジンの配信から、個人の属性・嗜好、さらに行動に合わせたOne to Oneメールへと、その手法は進化しています。リアル店舗やネットでの購買をつなぐ多接点のデータ解析やレコメンド機能の発達などにより、メールの受け取り側の行動喚起を促しやすくする運用方法が生み出されているのです。

カスタマイズした内容の
メールを自動生成

効率的なOne to Oneメール配信を実現するため、さまざまなサービスが登場しています。

例えば、顧客の属性・嗜好や行動などを反映した、個人向けにカスタマイズしたメールを自動生成できるようなツールです。顧客の個人名をはじめ、状況やステータスに応じた最適なコピー(文章)や写真・図版などのコンテンツを自動的に抽出し、あらかじめ用意されているメールテンプレートにはめ込んでいくことで、簡単に適正化されたOne to Oneメールの作成ができます。

メール受信者を次の行動に
誘う表現の多様化

さまざまな“仕掛け”のメールが台頭

カスタマイズされたメール生成の自動化と同時に、より顧客のレスポンスを獲得しやすい視覚的なメール表現も多彩になっています。

動きのあるアニメーションが組み込まれたメールは、メールを開封した時のインパクトがあるだけでなく、顧客の感性を刺激して次の行動を誘因するきっかけになる可能性が高まります。メールのレイアウト・デザインそのものも、最新のトレンドやテクニックが取り入れられ、メール受信者の関心を高めるものへと進化を続けているのです。

人工知能がメールを書く時代

大手ECサイトなどでは、AI(人工知能)を駆使して、顧客の購買履歴やメールのアクションなどからレコメンド商品のバナーを自動生成して表示するスタイルが見られますが、その結果をメールに反映して配信することも今後ポピュラーになるでしょう。

メールマーケティングも、
運用がポイント

One to Oneのメールマーケティングは、顧客一人ひとりにカスタマイズされたコンテンツをタイムリーに提供できる、非常に有効な手法です。

それぞれの顧客に合わせた個別のメッセージ(コンテンツ)を効率よく生成し、適切なタイミングで確実に届けるためには、どのようなメールマーケティングツールやサービスを選択するのか、どのように運用していくのかがポイント。

活用方法によっては、まだまだ効果のあるツールですから、信頼のおけるビジネスパートナーと手を組むことが欠かせないと言えるでしょう。